溢れる寂寥感、そして愛しさ


倒れた瞬間の「あっ…」という声と、その直後の間と、観光協会の方の寛大さ、何もかもに胸が熱くなります。
いつか宇都宮に餃子を食べに行きたいです。