ねこ気遣い

わたしが寝ているときに「いいんだ…お前は寝てろ…」とばかりにねこ自らカリカリの入ったタッパウェアに突進、高い所から落として開けたらしく、目覚めたときには辺り一面カリカリ食べ放題状態になってた。
お前達のお陰でよくねむれました。やさしいなあー…ほんとやさしい…。

  • -

因みにその後散らばったカリカリは放置の上、ねこ達自らで片付けさせました。
何ていうか、暫くの間家ん中、枯山水みたいな雰囲気だった。

広告を非表示にする