オリンピックと私

だれかとテレビを見ていたとして、画面に映る遠い国のひとの名前をぼやっと見ていて、おや読み方がわからんなんだこりゃ、って思って、カタカナで書かれたその最初の三文字ぐらいをつぶやいたところで画面切り替わっちゃって、私以外は「いい球だ!」とか「すげえ動き!」とか競技のほうで盛り上がってて、また新しいひとがクローズアップされて、またもやああこのひともおもしろいなまえだなあと思って、最初の二文字くらいを口にしたあたりで画面が切り替わる……(以下略)。
おそらく、私にとってのオリンピックとは、生涯そんな感じかと思います。
あと、さりげなく私の利き手が腱鞘炎くさいです。健勝苑って誤変換されたの見て「そんなだったらどんなにいいか」と思った程度に激痛です。
私の分まで、オリンピックとか盆休みとかいろいろ楽しんできていただければ幸いです。あなたがたのしそうであればきっとわたしもうれしい。たぶん。

広告を非表示にする