するりと

まだがんばれると思っていたけど、あまりにもたやすく重力に従ってしまう鼻水の気配を鼻先に感じたので諸々諦めて寝ます。

広告を非表示にする